糸魚川市で唯一の法律事務所です
糸魚川ひまわり基金法律事務所
                   
平日9時~17時

報酬・費用

弁護士報酬・費用の種類と支払い時期

弁護士に相談・依頼した際に必要となる費用の種類

法律相談料
法律相談に要する費用
着手金
事件の性質上,委任事務処理の結果に成功不成功があるものについて,その結果のいかんにかかわらず,その成功の程度に応じて支払われるべき事件処理の対価をいいます。通常は,報酬金と組み合わせて定められます。
報酬金
事件の性質上,委任事務処理の結果に成功不成功があるものについて,その成功の程度に応じて支払われるべき事件処理の対価をいいます。通常は,着手金と組み合わせて定められます。
日当
委任事務処理のために,事務所所在地を離れ,移動によってその事件のために時間的に拘束されることの対価をいいます。
手数料
書面の作成など,結果の成功不成功が観念できないものについての,弁護士の委任事務処理の対価をいいます。
実費
委任事務の処理にあたって必要となる,交通費,郵便料金,印紙代等のいわゆる実費をいいます。

費用等の支払時期

法律相談料
法律相談時にお支払いいただきます。
着手金,手数料
原則として,事件の依頼を受けた際にお支払いいただきます。
報酬金
事件が終了した際にお支払いいただきます。
実費
原則として,事件の依頼を受けた時に一定額を預けていただき,事件が終了した際に清算いたします。

具体的な費用(税込)

当事務所では報酬基準を定めており,これに従って弁護士報酬を決定いたします。
具体的な費用の目安は,以下の通りです。ただし,事案によって増減しますので,具体的には法律相談の際にご説明いたします。
なお,相談者・依頼者の方の資力によっては,法テラスの民事法律扶助を使うことが可能です。
※報酬基準につきましては、お手数ですがお問い合わせください。

法律相談料

30分 5,400円(消費税を含む)

民事事件の弁護士報酬

経済的利益の額 着手金 報酬金
300万円以下の部分 8% 16%
300万円を超え
3,000万円以下の部分
5% 10%
3,000万円を超え
3億円以下の部分
3% 6%
3億円を超える部分 2% 4%

※経済的利益は,依頼者が受ける経済的利益で,事案に応じて計算します。

報酬算定例

600万円を請求する事案で,受任した結果,500万円を得られた場合。
・着手金:300万円×8%+(600万円-300万円)×5%=39万円
・報酬金:300万円×16%+(500万円-300万円)×10%=68万円
という金額が一つの目安となります。

離婚事件

交渉・調停事件 着手金:32万4000円~ 報酬金:32万4000円~
訴訟事件    着手金:43万2000円~ 報酬金:43万2000円~
※消費税を含む
※財産分与,慰謝料,親権の争いの有無に応じて増額します。

法テラスの民事法律扶助

当事務所では,法律相談や事件の受任の際に,法テラスの民事法律扶助制度を利用することが可能です。
この制度は,資力に乏しい相談者や依頼者が,法テラスの定める資力要件を満たした場合に
・法律相談が無料になる
・弁護士費用を,法テラスが弁護士に立替払いを行い,依頼者は法テラスに対し,月に5000円ずつ等の分割返済する
・生活保護受給者等の場合,返済を免除されることもある
等のメリットを享受できる制度です。
制度の内容や,利用が可能かどうかなど,ご気軽にご相談ください。